物件を比較するだけでなく「会社も比較」 されることになる…|不動産ホームページ制作と集客コンサルティングの【反響1000.com】

RSSで記事を読む

TOPページ > なぜ月間110本を超える反響を獲得できるのか? » 物件を比較するだけでなく「会社も比較」 されることになる…
なぜ月間110本の反響が獲得できるのか

物件を比較するだけでなく会社も比較されることになる

ホームページの更新頻度や情報量はまだ来店していないお客様の判断材料になる

ネット集客にするために豊富な情報量がすべてとは言い切りませんが、
少なくともお客様は物件の情報が欲しくてネット検索をされることは間違いありません。
さらに、たくさんの会社のホームページを閲覧して情報を得ようとします。
その行動のなかで、いつの間にか情報の多いサイトや更新頻度の高いサイトに
積極的にリピートし閲覧するようになります。
それは理想の物件や理想の不動産取引に近づくために一番近道だと考えているからです。
つまり、いつのまにか比較行動を起こしてしているのです。

お客様のネット検索する時間は限られています。その時間を無駄にしたくない。
出来るだけ効率よく情報にたどり着きたいと考えるのです。
いつのまにか、情報の多いサイトには積極的にリピートし、情報の少ないサイト、
更新頻度の低いサイトを閲覧する時間はなくなってしまいます。
更新頻度の低いサイトは最終的にはお客様の意識から外れてしまうのです。

繰り返しホームページを見るうちにお客様に変化が

お客様にあなたのサイトと会社の価値を納得させるだけの物件情報量があるか

さらに不動産会社としての価値を多感る

お客様はもちろん物件の情報を比較して情報を探し始めますが、
情報の多いサイトには積極的にリピートして閲覧するうちに
いつのまにかしっかり情報を配信しているサイトや会社のことを
強く意識するようになります。
そして会社やスタッフに対しても期待度が高まっていくのです。
この会社なら情報がたくさんあるだろう。もしくは
この会社の営業マンならしっかり対応してくれるだろうと…
さらにその会社のことをよく知ろうとするのです。
どんな会社なのか?どんな営業担当者がいるのか?
よく知ることによりその会社とやり取りすることを納得できるようなる。
お客様へのアプローチのハードルが下がるのです。
情報の信頼度、そして会社に対する信頼度が高まっていき、
お客様自らで積極的にコンタクトを取ろうとするのです。

ネット上での比較に勝ちあなたの会社の本当のお客様に変わるまで

お客様はネット検索でたくさんのホームページや物件の情報を閲覧の後、具体的な問い合わせ来店そして案内へのステップを踏んでいきます。そしてその間、様々な判断をしていきます。最初は自分の条件に合った物件の良し悪しだったのが、さらにその会社が配信する情報の信頼度や更新頻度そしてこの会社ならば自分の納得する物件が買えるかといった。具体的に取引するイメージを補完する情報に対しても意識するようになります。そこで一つひとつ納得を積み重ねることであなたの会社対して期待を持った本当の顧客へと変わっていくのです。その第一歩、ホームページの更新頻度や情報量はお客様の取ってわかりやすい判断材料になります。お客様はそのホームページの充実度がその会社のお客様に対するサービスの充実度として認識するのです。

他社には簡単にマネできない独自の業務システムが運用力の差をつける