「強い物件一覧・物件詳細・ブログページ」で熱いお客様のアクセスを増やす。|不動産ホームページ制作と集客コンサルティングの【反響1000.com】

RSSで記事を読む

TOPページ > なぜ月間110本を超える反響を獲得できるのか? » 「強い物件一覧・物件詳細・ブログページ」で熱いお客様のアクセスを増やす。
なぜ月間110本の反響が獲得できるのか

見出し-強い物件一覧・物件詳細・ブログページで熱いお客様のアクセスを増やす

見出し-熱いお客様を流入させる強いシステムとは

反響1000.comシステムの大きな強みの一つでもあります、
サイトの各ページがお客様の多様なキーワードの検索に
かかり、お客様の流入するポイントとなって
あなたのホームページに入ってくるのです。

見出し-あなたのサイトのすべてのページをランディングページ化させます

お客様を流入させ、問い合わせに向かわせるページのことを
ランディングページといいます。ランディング=着地。つまり、様々なキーワードを使って検索をするお客様があなたのサイトに最初に着地するページです。
サイト内のページをランディングページ化することにより、
物件ページや物件一覧、そしてブログページなど
あなたの更新した作業がすべてお客様のアクセスの流入
つながるのです。
いくらきれいでかっこいい不動産ホームページを
作ったとしてもこのようなな強い仕組みがない限り、
ホームページ全体のアクセスはもちろん
成約確度の高いお客様のアクセスを
増やすことはできないのです。

見出し-検証・あなたの会社のことをまだ知らない熱いお客様が集まる仕掛けがあるか

お客様があなたのサイトにたどり着くためにどんな導線をたどるでしょうか?
おそらくGoogleやyahooなどの検索からのアクセスが多いでしょう。
あなたの会社を知っているお客様は会社名で検索をしてホームページの
TOPからアクセスします。
しかし、こういったお客様はそのエリアで物件を
さがす全体のお客様のほんの一部であることを理解してください。
あなたのサイトはあなたの会社をまだ知らない熱いお客様が流れ込む
仕掛けを持っていますか?

お客様は様々なキーワードで検索をすることはご承知のとうりですが、

一定の法則性によって検索キーワードが変化していくのです。
物件の探し初めは、「堺市 不動産」「堺市 一戸建て」などいわゆる
ビッグキーワードで検索をします。
さらに検索の回数や物件探しの進み具合によって
たとえば「●●小学校区 中古戸建」「●●町1丁目 売り土地」など、
より具体的なキーワードで検索をかけるようになります。

見出し-そんなキーワード検索で不動産を探すお客様はどんなお客様なのか

この様なお客様は住宅購入の目的が具体的になっていて
「その街のことを知っている」もしくは
「その街の近くで賃貸に住んでいる」そのようなお客様の
仮説がたちます。
物件を購入するにあたり
「立地」、「生活環境」、「こども達の通学」
「通勤」「利便性」などを考えながら
物件をさがす行動を起こしているお客様です。
つまり、お客様の購入したい物件の理想像が明確になりつつある
お客様であることはまちがいありません。
実はこのようなお客様が反響行動を起こしやすいお客様
もしくは、成約率の高いお客様です。
考えてみてください。たとえばあなたが接客をするとしましょう。
希望の条件が明確なお客様と漠然とした条件のお客様と
どちらが営業しやすいですか?
条件が明確なお客様の方が、物件を紹介するにしても具体的な物件の
提案出来ると思いませんか?
実はこれがWEBマーケティングの第一歩なのです。
つまり成約に近い、熱いお客様を集めて具体的に提案営業する。
これが成約率を高めるポイントなのです。
このように物件を見たり、質問をしたり、営業担当者とコミュニケーションに
積極的なお客様があなたの会社のホームページにも来てほしいはずです。

見出し-熱い反響を取る。更新プラス強いシステム

不動産ホームページ制作会社はたくさんありますが、このようなシステム内部のにおいては仕組みは同じではありません。また、Googleなどの検索エンジンは日ごとに変動し、その都度チューニングする必要があります。サイトオープンして時間がたつとお客様の流入量が減り、せっかくの更新作業が無駄になってしまいます。表からはわからない作業ですが、システムを維持していくためには大切な作業です。反響1000.comでは各不動産会社様のサイトの流入量を日々注視して表からはわからない変動があればご報告の上、微調整を行います。そうすればサイトオープンから何年たってもアクセス、熱い反響を維持することが可能になるのです。

お客様が問い合わせする時の「不安」をネット上の「あなたの分身」が解消する!